FC2ブログ

ぶっちゃけありえない日記

私はパンを焼いてあげました。 だからあなたも○○を焼いてください。

見える…

このまま今の研究室の流れに身を任せたら
公務員or中小ゼネコン&コンサルっていう流れが容易に想像できる…

研究室全体がそういう流れだから、それが普通に見えるけど
この「普通」は研究室っていう閉鎖空間にしか成り立ってない。
その中にどっぷりだと、それが当たり前を通り越して正しい事に思えてしまうのだろう。

公務員目指してる人にとってはすごく良い流れかもしれんが
少数派の民間志望勢にとっては情報がほとんど得られない。

俺のやってることは研究室の他の奴からみれば
異様だったり滑稽だったりするのかもしれんが
1年後には実を結ぶと信じている。

まぁ年明けくらいから俺が公務員勉強始めてたら、夢破れたんだなってことで(笑)

でも研究はちゃんとする。
今まで准教授に迷惑がかかってたのは疑いようの無い事実。
それは心の底から自分がダメだったと思う。

それに数少ない民間勢のY先輩が言うように、「研究」っていう
今まで俺が作業だと思ってた行為は、考え方によっては、社会勉強になる。

研究室は公務員のインターンシップだ。
そう考えれば、俺の今までの行いは良くなかったと納得できる。
っていうかそういう風に納得することにした。

ゼミ合宿や合同ゼミなんていう、○城大学の研究室とかと
夜通し飲み会やるまったく意味の見出せない行為が研究室の一大イベントになってるのも
役所内の「他部署との交流」と考えれば、必要だ。

要は考え方だと。
一見無駄に思えることも、考えようによっては自分の血となり肉となる。

今の学部4年は、俺の考えからすれば
今は研究よりも大学院試験勉強をまじでやるべきだと思うし
今しか行けない長期海外旅行の予定を、ゼミ合宿という名の飲み会で
潰してしまうのはすげーもったいないと思うけど、
それは思ってても口に出して言っちゃいけない。

本音と建前を使い分けてなかった俺は未熟者すぎる。

あと、レポートを適当にこなすのは、完全にダメだった。
弁解の余地もない。
後半それに気付かされて、ちょっと真面目にレポートやってみたら
大学院の授業はかなり有意義なものだったんだと今更気付いた。
財務分析の話とかめっちゃタメになるやん…
後期は頑張ろう。(あんま授業ないけど)


以上より、俺がM1前期でダメだった点は

①考え方が幼稚(目先のメリットしか見えていない)
②本音と建前を使い分けてない
③レポートくらい自分でやれと(←これは全面的に俺がダメすぎた)

以上3点を改善して、M1後期に臨む。
スポンサーサイト



今日観たビデオのタイトル

「少女**監禁室3 ~ふるえるぞ肉体!燃え尽きるほど絶頂!!刻むぞアクメのビート!!!~」

このAVの監督センスありすぎwww
内容はまったくJOJO関係なかったwwwww